泉美術館

展覧会

特別展 次回の展覧会

永遠なる未完成―山本美次展

会期

2024年3月16日(土)~2024年6月16日(日)
前期:3/16(土)~5/12(日) 後期:5/14(火)~6/16(日)

会場

泉美術館 エントランス・第一展示室・第2展示室

開館時間

11:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日
(※4/29,5/6は祝日のため開館)

入場料

一般:500円、学生:250円、中学生以下無料

出品作家

山本美次

主催

公益財団法人泉美術館、中国新聞社

後援

広島県教育委員会、広島市、広島市教育委員会、廿日市市、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、FMはつかいち76.1MHz

描きたいものは闇の中にある

 東京やフランスで学び、郷里・広島を拠点に活躍する山本美次(やまもと みつぎ)は、1949(昭和24)年に現在の広島県廿日市市で生まれました。幼くして肉親(弟と父親)を相次いで亡くし、絵を描くことに没頭した山本は、画家・麻生三郎の絵画に憧れて武蔵野美術大学に進学、油絵を学びました。卒業後の1972(同47)年に渡仏し、およそ3年間エコール・ド・ルーヴル(ルーヴル美術館での模写研究)、パリ国立高等美術学校(古典技法科、銅版画科)に在籍しました。

 帰国後はグループ展や個展を重ね、独自の画境を深化させていきます。またヨーロッパでの模写研修も継続、1977~78(同52~53)年にはレオナルド・ダ・ヴィンチ《岩窟のマリア》などに取り組みました。

 本展覧会では、画家の初期から最新作までを幅広く紹介いたします(会期中、前期・後期で作品を多数入れ替えます)。滞欧時の模写作品、初期の自画像、強い個性を放つ人物画、代表的なモチーフであるりんごの諸作など、作品約80点により、多彩な山本美次の絵画世界をお楽しみください。

イベント

講演会「絵を描くということ」
講師:山本美次
3月31日(日) 14:00~15:00
場所:泉美術館4階会議室(申込み不要)

ワークショップ「ろうけつ染めで木のオブジェづくり」
講師:山本美次 / 参加費:1,000円
場所:泉美術館4階会議室(参加希望者申込み制)10名/中学生以上
5月19日(日) 14:00~16:00

対談①「山本美次と廿日市」
講師:山本美次×山田博規(元はつかいち美術ギャラリー学芸員)
4月21日(日) 14:00~15:00
場所:泉美術館(参加希望者申込み制)30名

対談②「山本美次作品の魅力」
講師:山本美次×今井みはる(アートギャラリーミヤウチ学芸員)
5月26日(日) 14:00~15:00
場所:泉美術館(参加希望者申込み制)30名

当館学芸員によるギャラリートーク
講師:当館学芸員
4月13日(土)、6月1日(土) 各回14:00~15:00
場所:泉美術館第1展示室(申込み不要)

※申し込みなど、詳細は美術館にお問い合わせください。